• 印刷する

婚姻件数が過去最低に、コロナが影響

韓国統計庁によると、韓国の今年1~7月の婚姻件数が前年同期比9.3%減の12万6,367件にとどまり、1981年の統計開始以来で最低となった。統計庁は「30代女性の人口減少や新型コロナウイルス感染症の影響で、結婚式の延期や中止が相次いだためだ」と説明した。

7月単月の婚姻件数は1万7,080件と前年同月に比べて10.9%減少した。感染拡大の懸念が強かった4月(21.8%減)や5月(21.3%減)は減少率が20%を超えていたが、6月以降は縮小傾向にある。

一方、1~7月の出生児数は16万5,730人と、前年同期より9.8%減少。死亡者数は同3.7%増の17万6,363人で、1983年の統計開始以来、最大となった。


関連国・地域: 韓国
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:2008~13年の李明…(10/20)

22年に水素電力の購入義務化 水素経済へ、インフラ普及急ぐ(10/20)

新型コロナ感染者数、76人増加(10/20)

半導体装置のセメス、R&Dセンター新設か(10/20)

観光局、日韓とのトラベルバブル合意に期待(10/20)

現代自出資社、EVタクシーの電池リースへ(10/20)

9月の自動車産業、全分野でプラス成長(10/20)

中国社、ニッケル・石化に350億ドル投資か(10/20)

ソカーがユニコーン入り、モビリティーで初(10/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン