8月CPIは0.4%低下、5カ月連続マイナス

シンガポールの8月の消費者物価指数(CPI、2019年=100)は99.8となり、前年同月から0.4%低下した。民間輸送コストの大幅な低下が背景にある。CPI上昇率は5カ月連続でマイナス。低下幅は前月と同水準だった。 シンガポール金融管理庁(MAS、中央銀行に相当)と貿易…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

新規感染12人、全て海外から入国(21日)(17:43)

「植物性卵」の米社、アジア初の工場開設へ(17:00)

中心部周辺の工業団地、コロナ下で賃料上昇(16:19)

先端製造業の人材、政府支援で2300人育成へ(15:32)

DBS銀、アジア初の国際決済サービス開始(15:32)

テイクオフ:中心部のフラートン・ホ…(10/21)

制限解除の第3期に向け行程表 早ければ年内、対策徹底条件に(10/21)

制限期間中の出国者、医療費再び政府負担に(10/21)

息かけるだけでコロナ検査、国立大が開発(10/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン