不動産取引件数、上期は28%減の11.5万件

マレーシア財務省傘下の国家不動産情報センター(NAPIC)は、2020年上半期(1~6月)の不動産取引件数が前年同期比27.9%減の11万5,476件だったと発表した。取引総額は31.5%減の469億4,000万リンギ(約1兆1,800億円)だった。新型コロナウイルス感染症対策の活動制限令…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:今度は「ばね指」――。…(10/21)

車協会、販売目標を据え置き 好調維持も10月以降に減速予測(10/21)

活動制限令地域、22日から在宅勤務指示(10/21)

緯創がWDマレーシア工場買収、2900万米$(10/21)

新規感染862人、ス州は132人(10/21)

サバの受検率、地域限定で10%に引き上げも(10/21)

RM1=25.4円、$1=4.15RM(20日)(10/21)

不動産投信MLT、中国などで物流施設取得(10/21)

融資の返済支援を来年まで継続=中銀(10/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン