• 印刷する

使い捨てプラ製品の使用、業者に報告義務

中国商務省は22日、小売業者や電子商取引(EC)プラットフォームなどに対し、使い捨てプラスチック製品の使用と回収の状況を当局へ報告するよう義務付ける新ルールの意見公募(パブリックコメント)を開始した。使い捨てプラ製品の削減へ向け、実際の使用状況を政府が正確に把握する狙いだ。

報告が義務付けられるのは、スーパーなどの小売り施設やECプラットフォームと、オンラインのプラットフォームを介して出前サービスを提供している飲食店。報告対象となる使い捨てプラ製品には、レジ袋や包装用の袋、出前用の容器、食器、ストローなどが含まれる。

中国政府は2025年までに段階的に使い捨てプラ製品の生産、販売、使用を減らしていく方針で、20年末までにはプラ製のストローや使い捨ての食器、大都市のスーパーでのプラ袋の使用を禁じるとしている。今回の新ルールはそうした政策の基礎となるデータ収集を目的としており、報告の遅れや虚偽には罰則を科す。

意見公募は10月11日まで。新ルールの草案は商務省のウェブサイト<http://www.mofcom.gov.cn/article/zwgk/gztz/202009/20200903003263.shtml>で確認できる。


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: その他製造小売り・卸売りサービスマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

韓国と通貨スワップ延長、人民銀(12:35)

PCBの相互が412人解雇、華為影響で(11:39)

電力公社、EV分野で中国企業と協力へ(10/23)

テイクオフ:25年前、進学のため北…(10/23)

5Gユーザー1.6億人に拡大 普及進む、基地局建設も急ピッチ(10/23)

運転免許取得、70歳以上も可能に(10/23)

中央財政の景気対策資金、1.6兆元が地方に(10/23)

中国首相、成長に意気込み(10/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン