• 印刷する

首都の社会制限再強化、57社閉鎖

インドネシアの首都ジャカルタ特別州政府は、新型コロナウイルス対策「大規模な社会制限(PSBB)」を再導入した14日から22日までに民間企業57社を一時閉鎖した。一時閉鎖の対象となったのは、土日を除く7日間に抜き打ち検査を実施した393社の15%に当たる。

州労働・移住・エネルギー局によると、31社は従業員に感染が発覚、残り26社は感染防止の衛生規律に違反していた。地域別では南ジャカルタ市が18社で最多だった。国営企業や行政機関の閉鎖は含まれていない。

地元メディアによると、州内では中央・西・南ジャカルタの一部市役所などが一時閉鎖しているという。

ジャカルタ警察のユスリ広報部長によると、14~21日に市中で摘発した衛生規律違反者は5万5,778人。このうち2,115人から計3億1,346万ルピア(222万円)を徴収した。清掃など社会奉仕活動が2万5,920人。残りの違反者には口頭や書面で警告した。

ユスリ広報部長はこのほか、少なくとも飲食店100店舗以上に一時閉鎖を言い渡したと説明した。

州政府や警察、国軍は14日以降、衛生規律の取り締まりを強化している。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

来年の州最低賃金、据え置きへ(10/27)

複合アストラ、1~9月は実質49%の減益(10/27)

海外出資受け入れか、EC大手ノーコメント(10/27)

オムニバス法抗議デモ、11月10日まで継続(10/27)

三菱自、エクスパンダーの現地生産を開始(10/30)

韓国電力、海外の石炭火力発電事業から撤退(10/30)

SCGパッケージ、来年の年商3千億円超へ(10/30)

〔雨期乾季〕ペナンの麺、世界美食7位に(10/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン