リゾート開発の中国系企業、米国が制裁適用

米国政府は15日、カンボジア南西部コッコン州ダラサコルでリゾート開発を手掛ける中国系ユニオン・デベロップメント・グループ(UDG)に対し、制裁措置を適用すると発表した。クメール・タイムズ(電子版)が21日伝えた。 米国は同国財務省を通し、「UDGは(実際は中国企業…

関連国・地域: カンボジア
関連業種: 建設・不動産観光


その他記事

すべての文頭を開く

北西州の病院整備、JICAが21.5億円支援(10/28)

【東南アジア人材の勘所】ASEAN域内に見る日本企業の人材育成(10/28)

OCIC、衛星都市開発に25億ドル投資計画(10/28)

通関業者のライセンス料、今年は支払い免除(10/28)

ANAの成田ープノンペン運休、1月末まで(10/27)

対タイ貿易、1~9月は19%減の55億ドル(10/27)

【日本の税務】介護保険について(10/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン