政府、水素中心のエネ技術ロードマップ策定

オーストラリア連邦政府が、2050年までに二酸化炭素(CO2)の実質排出ゼロを達成するため、水素発電を要としたエネルギー関連の技術ロードマップを策定する見通しだ。製造した水素を日本や韓国などに出荷できるよう投資を加速し、新たな輸出産業を創出する狙い。将来的には、液…

関連国・地域: オーストラリア
関連業種: その他製造天然資源電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:休暇で訪れたポートステ…(10/23)

川重、来年1Qに水素輸送実験 VIC州は水素ハブに(10/23)

バンブー航空、台北路線を再開(10/23)

アデレードの日豪経済委会合、来年10月に延期(10/23)

豪州の航空減便、1カ月100億$経済損失(10/23)

貨物輸送が大幅遅延、海運労組スト終了も(10/23)

豪クリスマス商戦、オンラインが40億$規模(10/23)

ファンタスティック、豪トイザラス買収か(10/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン