従業員積立基金、2Qの投資収益は23%増

マレーシアの公的年金に当たる従業員積立基金(EPF)が19日発表した、2020年第2四半期(4~6月)の運用実績で、総投資収益は前年同期比22.7%増の151億2,000万リンギ(約3,840億円)だった。評価損が相次ぐ株式市場で長期投資のポートフォリオ戦略を進め、株式と債券が投資収…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: 金融建設・不動産マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:近所にある古い団地内の…(10/27)

首都圏の条件付制限令を延長 来月9日まで、新規感染増を懸念(10/27)

【日本の税務】介護保険について(10/27)

新規感染1240人、過去最多更新(10/27)

RM1=25.2円、$1=4.17RM(26日)(10/27)

隣国から電力輸入、2年間の試験事業公募へ(10/27)

エネオス、住商とサラワクで水素製造検討(10/27)

9月のメーカー別新車販売、上位軒並み増加(10/27)

ゴールドマンに罰金、過去最高3.5億米ドル(10/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン