• 印刷する

首都の社会制限、10月11日まで自動延長も可

インドネシア首都ジャカルタ特別州は、14日から強化した新型コロナウイルス対策の「大規模な社会的制限(PSBB)」の実施期間について、新規感染者数が大きく変動しない場合には、10月11日までさらに2週間、自動的に延長する方針を明らかにした。現在のPSBB期間は9月14日から27日まで。

アニス知事が11日付で通達『2020年第959号』を公布、14日から施行した。

州の新型コロナウイルス緊急対策本部(タスクフォース)の観察・評価結果に基づき、「大幅に変動しない」状況かどうかを判断すると規定した。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

PSBB再導入、家計支出に打撃=フィッチ(09/25)

ゴジェックの人気上昇、満足度ではグラブ(09/25)

北スラウェシ―成田に貨物便 ガルーダ、農水産品の輸出拡大で(09/25)

首都の行動制限、10月11日まで延長(09/25)

インドネシア死者1万超、東南アジア初(09/25)

トヨタ、全国規模のバーチャル展示会(09/25)

プルデンシャルとヨマ系病院、医療分野で提携(09/25)

ライオン航空、リース料滞納で訴訟に(09/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン