政府内で異論、公共交通の社会的距離巡り

フィリピンで公共交通機関のソーシャルディスタンス(社会的距離)に関する規制緩和を巡り、政府内から異論が噴出している。運輸省が賛成しているのに対し、保健省などは反対の立場を示している。 運輸省は14日から、公共交通機関の乗客同士に確保を求める距離を従来の1メートル…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 医療・医薬品運輸マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:いわく付きの「人工ビー…(09/21)

社会的距離の縮小撤回 公共交通機関、政府内から反発(09/21)

災害事態宣言を1年延長、大統領(09/21)

コロナ感染新たに3311人、計28万6743人(09/21)

EUが人権侵害懸念、関税優遇の停止示唆(09/21)

外資誘致へ大統領に権限、上院が検討(09/21)

医師団体、外出制限の即時解除を要請(09/21)

労働省、雇用対策で失業者70万人支援(09/21)

鉄鋼業者が生産増強、国産使用推進策で(09/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン