NY原油先物市況、11日は小幅反発

【ニューヨーク共同】11日のニューヨーク・マーカンタイル取引所の原油先物相場は小幅反発し、指標の米国産標準油種(WTI)の10月渡しが前日比0.03ドル高の1バレル=37.33ドルで取引を終えた。 朝方は、前日発表された米週間原油在庫の増加が引き続き材料視されて売りが先行し…

関連国・地域: 日本
関連業種: 天然資源


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「祇園精舎の鐘の声 諸…(09/18)

【ウィズコロナ】HIS、学研教室運営に参入 独自ネットワーク活用し相乗効果(09/18)

起業支援の「ルーツ」が始動 5年で百社の投資・専門家支援へ(09/18)

採用意欲、10年ぶり低水準 米社4Q調査、不透明感映す(09/18)

三菱電機、デリーメトロ車両の電機品受注(09/18)

ベトジェット、東京便などの定期運航再開へ(09/18)

8月の自動車生産、30%減の11.7万台(09/18)

京都機械工具、地場RFIDタグ企業と提携(09/18)

ジェトロ、供給網強化の支援で第2回公募(09/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン