与党公約、経済政策に前進も 貿易是正や民間活用を明記

ミャンマーの政権与党、国民民主連盟(NLD)は14日までに、11月に予定される次期総選挙に向けたマニフェスト(選挙公約)を発表した。前回同様、憲法改正や和平を最優先に掲げる一方、経済政策では5年間の政権運営を踏まえ、官民連携(PPP)の促進や、中国を念頭に置いたと…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

社会保障委、出勤停止対象の加入者に支援金(14:04)

国際線旅客機の着陸禁止、10月末まで延長(10:52)

新興企業がコロナ下で前進 IT浸透追い風、資金調達つなぐ(09/25)

新たに869人感染、8千人に迫る=24日朝(09/25)

コロナ基金融資の第2弾、1千社余りが承認(09/25)

鶏肉の輸入、内需低迷で10月は停止(09/25)

プルデンシャルとヨマ系病院、医療分野で提携(09/25)

コロナ検査対象者の隔離施設、確保が困難(09/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン