• 印刷する

住友生命、シングライフに250億円追加出資

住友生命保険は14日、シンガポールの新興生命保険会社シングライフ(旧シンガポール・ライフ)に追加出資すると発表した。出資額は3億2,000万Sドル(約250億円)。2021年1月までに手続きを完了する予定だ。

住友生命は19年6月、シングライフに約100億円を出資していた。今回は他企業も増資を引き受けたため、住友生命の出資比率は従来の25%から2割に低下した。

シングライフは今月11日、英保険大手アビバの現地法人アビバ・シンガポールとの合併を発表。住友生命の担当者によると、今回の追加出資はアビバとの合併を背景に、シングライフを資本面からサポートする狙いがあるという。

住友生命の担当者は「今後も海外事業を強化していきたい」とコメント。海外で得た知見を取り入れて、日本国内の事業の発展につなげていく方針を示した。


関連国・地域: シンガポール日本
関連業種: 金融

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:新型コロナの影響で勤務…(09/24)

オンライン消費が6割増加 東南ア、世代間格差の縮小も(09/24)

東南ア通貨、安定もドン高圧力=三菱UFJ(09/24)

従業員の半数、職場で勤務可能に=追加緩和(09/24)

企業幹部の海外出張、新制度を試験運用へ(09/24)

マスク着用義務、6歳未満は免除(09/24)

8月CPIは0.4%低下、5カ月連続マイナス(09/24)

キユーピー、販売会社を新設(09/24)

電子行政サービス、顔認証で利用可能に(09/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン