• 印刷する

ワイン卸のEMW、中国で日本酒を販売

中国でワイン卸売事業を展開する由西往東(上海)貿易(EMW、上海市)は15日から中国市場で日本酒の販売を始める。「櫻正宗」や「利休梅」、「米鶴」など6ブランド計23商品を高級ホテルやレストランのほか、インターネット通販でも売り出す。

EMWには、日本の官民ファンドであるクールジャパン機構が出資している。日本酒の普及拡大を目指す同機構は、EMWが中国でのワインの啓発活動やマーケティングに強みを持つことから、昨年6月にEMWの持ち株会社であるトリオ社の発行済み株式の過半数を約22億円で取得した。

EMWは日本酒文化の普及に向けて、日本酒販売のほか、講義や資格認定講座を手掛ける英国の酒ソムリエ協会(SSA)と提携し、日本酒専門家の育成にも注力していく。

同社担当者は、中国市場での日本酒販売について「日本と中国は米食文化の類似点があるため、日本酒はワインより受け入れられやすい」と指摘。日本酒の輸出市場は現在、米国が1位だが、2~3年後には中国が首位になるとの見方を示した。

EMWはフランスのワイナリー関係者が2003年に設立した企業。北京や上海、香港など6カ所に拠点を置く。世界15カ国の80ワイナリーと独占販売契約を結んでいる。中国150以上の都市に、高級ホテルやレストランを中心とした3,500以上の販売チャンネルを持つ。


関連国・地域: 中国-上海日本
関連業種: 食品・飲料小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

25年発売のL3車が7割到達、業界団体(17:43)

テイクオフ:毎朝あふれんばかりの人…(04/22)

電動バスで世界一目指す、米大統領が中国逆転に意欲(04/22)

日系企業の景況感、大幅改善 往来制限の長期化には懸念(04/22)

労働節旅行が過去最高か 2億人突破の観測、市場活況へ(04/22)

本土からの隔離なし渡航、5月に=行政長官(04/22)

半導体不足、国内外企業の投資に期待(04/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン