【投資の現場】第25回 「近年のミャンマーへの外国投資動向」

2011年に文民政権発足によりミャンマーの民主化が進み、15年の総選挙の結果を踏まえて16年3月に国民民主連盟(NLD)への歴史的な政権交代が実現してから4年が経過した。外国からの直接投資(FDI)の観点では、16年までは着実に伸びてミャンマーは「ラストフロンティア」な…

関連国・地域: ミャンマー日本
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

工業製品の輸出が5割減 10~11月、コロナ禍が深刻化(12/04)

過去17日間、1千人超える感染=2日夜(12/04)

コーヒー輸出が半減見通し、コロナ影響で(12/04)

汚職防止委員長の辞職、理由は高齢(12/04)

アジア昇給率4.3%予測、コロナ影響=NNA(12/04)

メガワット、ミャンマーの太陽光事業に遅れ(12/04)

政府、今年度内に失業給付金制度を適用方針(12/04)

北欧のファンド、小口金融ドーンに投資(12/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン