【人財羅針盤】第151回 コロナ禍での雇用情勢と外国人規制(2)

8月27日夕方に衝撃的なニュースが流れてきました。9月1日から専門職向け就労ビザ(エンプロイメント・パス=EP)の取得に必要な最低月給額を600Sドル(約4万6,000円)もアップし、4,500Sドルに改定すると人材開発省が発表しました。引き上げ額は過去最高水準です。 既に5…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

米GSに罰金3千億円、1MDB汚職巡り(10/23)

ドンドンドンキ8号店、30日に南部で開業(10/23)

9月CPI上昇率、6カ月ぶりマイナス脱却(10/23)

西部の都市型農園が開業、年100トン生産(10/23)

新規感染10人、計5万7951人(23日)(10/23)

ネット通販、近隣諸国のサイト利用が急増(10/23)

ドイツとの渡航制限緩和へ、欧州とは初(10/23)

従業員の9割、技能向上の必要性を痛感(10/23)

店舗賃料5%下落、3四半期連続マイナス(10/23)

7~9月工業不動産賃料、コロナで低迷続く(10/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン