• 印刷する

企業・自営への融資残高、過去最高を更新

韓国銀行(中央銀行)が2日発表した資料によると、企業と自営業者に対する預金取扱機関の2020年6月末の融資残高は1,328兆2,000億ウォン(約118兆9,000億円)で、3月末に比べ69兆1,000億ウォン増加した。増加額と残高がそろって過去最大を記録した。

企業と自営業者は新型コロナウイルス感染症拡大で売上高が減少し、借り入れで運営資金を賄っている状況だ。用途別にみると、運転資金の融資残高は52兆1,000億ウォン増の788兆6,000億ウォン、設備投資の資金融資は539兆6,000億ウォンとなった。

産業別では、サービス業に対する融資残高が823兆2,000億ウォンで、47兆2,000億ウォン増加した。サービス業は対面業務が多いため新型コロナ流行の影響が大きい。製造業の融資残高は389兆2,000億ウォンで17兆2,000億ウォン増えた。

感染再拡大を受けて韓国政府は先ごろ、警戒レベルを最高水準の一歩手前の「2.5段階」まで引き上げた。経済活動への悪影響が強まり、借り入れもさらに増える見通しだ。


関連国・地域: 韓国
関連業種: 金融

その他記事

すべての文頭を開く

新規感染者4944人、死者34人増(12/03)

ワクチン完了6万人増、接種率80.2%(12/03)

私的な集まりの人数制限強化、感染抑制へ(12/03)

11月の韓国車販売15%減 半導体不足で、変異株の行方が鍵(12/03)

新規感染者5266人、過去最多を更新(12/03)

ワクチン完了6.5万人増、接種率8割超(12/03)

18~49歳の追加接種、4日から実施へ(12/03)

ネイバーZ、ソフトバンクなどから投資誘致(12/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン