• 印刷する

《日系進出》買取店なんぼや開業、3カ国・地域目

バリュエンスホールディングスは「なんぼやシンガポール店」をオープンした(写真はエントランス、同社提供)

バリュエンスホールディングスは「なんぼやシンガポール店」をオープンした(写真はエントランス、同社提供)

買い取り専門店「なんぼや」を運営するバリュエンスホールディングス(東京都港区)は1日、シンガポール中心部に「なんぼやシンガポール店」をオープンした。海外では香港、インドネシアに続く3カ国・地域目の進出となる。日本流のおもてなしサービスを重視しながら、幅広い商品を取り扱う。

新店舗は、中心部サウス・ブリッジ・ロードに出店した。香港のグループ会社バリュエンスインターナショナルが昨年12月に設立した現地法人バリュエンスインターナショナルシンガポールを通じて運営する。

バッグや時計を中心としたブランド品、宝石、貴金属などを取り扱う。日本での店舗運営の経験を生かして香港店を立ち上げたスタッフなどが駐在。日本のおもてなし文化を取り込んだ買い取りサービスを展開する。

シンガポールでは既に質業を展開する企業があり、商品のリユース(再利用)に対する理解が得られやすい半面、既存業者はバッグや時計など限られたジャンルに対応しているのが現状だ。「なんぼや」は幅広い商品に対応して成功した香港の事業モデルを横展開することが可能と判断し、シンガポールでの出店を決めた。

海外ではこのほか、8月末にインドネシア・ジャカルタに東南アジア1号店をオープンしている。

バリュエンスグループは、中期経営ビジョンで2025年8月期までに海外買い取り拠点を30店まで増やし、連結売上高1,000億円を達成する目標を掲げている。実現に向け、各国拠点で自社オークションに参加するパートナーの開拓を本格化する方針だ。

バリュエンスインターナショナルシンガポールは、東南アジアでの買い取り強化やパートナー開拓に加え、インドなどの南アジアやオセアニア地域でもパートナー開拓やオークション委託出品受け付けの拠点として機能させる。

バリュエンスホールディングスの広報担当者はNNAに対し、「今後は現地消費者のリユースに対する需要を探りながら、シンガポール、インドネシアでの追加出店や、他の東南アジアの国での出店を検討する」と述べた。


関連国・地域: シンガポール日本
関連業種: 小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:オフィス近くの広場で夕…(03/08)

【識者の見方】環境政策に本腰、21年度予算案 政府方針に大きな変化なし(03/08)

1月小売売上高、前年旧正月の反動で低下(03/08)

家族ビザ保有者の就労規制、新興企業が懸念(03/08)

就労ビザの申請資格剝奪、雇用差別で年50社(03/08)

医療従事者の給与、最大14%引き上げ(03/08)

国営電力テナガ、越の太陽光発電に参入(03/08)

20年の輸入差し止め26%増、コロナで通販(03/08)

低所得層の医療費補助、来年にも拡大(03/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン