【債権回収】第2回 債権回収に向けた初動対応のポイント

前回の寄稿から1カ月が経過し、引き続き、規模の大小を問わず、債権回収の問題が多く生じている。今回は、債権回収における初動対応のポイントについて解説する。 前回述べた通り、債権回収のポイントは、(1)契約内容(2)証拠の有無(3)資産の有無になる。それを踏まえて…

関連国・地域: タイ
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

成長の道筋示し、実務で成果 プラユット政権7年の評価(上)(06/18)

ドバイ主導の貿易振興制度 東南アジア4カ国も加盟(06/18)

三菱商事、ラオスの風力発電開発企業に出資(06/18)

市中感染3106人、従業員向け接種再開(17日)(06/18)

車部品FPI、マレーシア封鎖で受注拡大(06/18)

MG、EV充電スタンドの設置目標引き下げ(06/18)

コロナ検出のワニ肉、購入者の家庭で付着(06/18)

BMW販社、メガバンナーにショールーム(06/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン