• 印刷する

テイクオフ:先週末は安倍晋三首相の…

先週末は安倍晋三首相の突然の辞任発表に驚かされた。発表翌日のタイ英字紙もこのニュースを一面で扱うなど、当地でも関心の高さをうかがわせた。

2012年に民主党から政権を奪回し、7年8カ月にわたり政権トップを担ってきた安倍首相。個人的にはその期間の大半を日本以外で過ごしてきたため、良くも悪くも安倍政権の政策を肌で感じる機会は少なかった。

だが、東日本大震災からの復興に始まり、米トランプ政権の誕生、米中貿易摩擦の激化、消費税増税、令和への改元、そしてコロナ禍と、まさに激変の時代であった。持病の悪化を辞任の理由に挙げているが、在任中1日として気が休まる日はなかったのではないかと推察する。

07年の第1次安倍政権の退陣は、その後に繰り返された短命政権の端緒となった。次はどんなリーダーを迎えることになるのか。遠いタイの地から注目している。(須)


関連国・地域: タイ
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:タイでの新型コロナの第…(01/18)

日系昇給率、21年は3.2%予測 コロナで4割賃上げ未定=NNA(01/18)

越、東南アの最有望国を維持=JBIC調査(01/18)

市中感染364人、9割が首都西郊(17日)(01/18)

タイから帰国の労働者感染、69人に(01/18)

市中感染209人、首都で男性死亡(16日)(01/18)

市中感染154人、628人が回復(15日)(01/18)

MG、20年の新車販売7%増の2.8万台(01/18)

水産品輸出額8%減、単価下落で(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン