• 印刷する

英字紙ジャカルタポスト、大規模リストラへ

インドネシアの英字全国紙ジャカルタ・ポストを発行するビナ・メディア・トゥンガラ(BMT)は8月26日、同社の社員を大幅にリストラする計画を明らかにした。

8月25日に開かれたジャカルタ・ポストの創設者であるユスフ・ワナンディ氏と経営幹部との会議によると、新型コロナウイルスの感染拡大に伴って経営が立ちゆかなくなっていることから、10月1日までにリストラを断行し、人件費を現行の3割まで削減する方針を打ち出した。近くジュディスティラ最高経営責任者(CEO)が具体策を公式に発表する。

ユスフ氏は「ジャカルタ・ポストの新聞事業にかかる経費のうち、約75%を人件費が占めている」と述べ、人件費が経営を圧迫していると説明。このため「会社が生き残るためには人員削減に踏み切るしかない」と強調した。既に8月25日から人員削減に取り掛かっており、10月1日までに全社員を現在の3分の1ないし50~60人にまで減らす。紙面の発行は続ける。

テンポによると、BMTの広報担当者は、新型コロナの感染拡大以前から、ジャカルタ・ポストがソーシャルメディアの普及などで経営難に直面していたと認めた上で、リストラは「最終手段だ」と強調した。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: メディア・娯楽雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

1~4月セメント販売量、前年同期比16%増(05/11)

22年のVAT引き上げ、税務局が2案を検討(05/11)

アパレル儒鴻、インドネシア工場年内稼働へ(05/13)

事業モデルの進化へ手応え MUFGの東南アジア戦略(5)(05/12)

ワクチン接種の義務化は撤回、外国人家政婦(05/12)

食料油の輸入販売、監督委員会を設置へ(05/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン