【労働関係法の基礎知識】第99回 シンガポールの労働安全・衛生 (その12)

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、最も打撃を受けているのは航空、ホテル、旅行業界です。次いで建設業への打撃も大きくなっています。職場・学校を閉鎖する措置「サーキットブレーカー」が4月7日から始まったのに伴い、一部の必要不可欠なインフラ工事以外、ほぼ全ての建設…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

新規感染11人、計5万7665人(25日)(16:49)

新型コロナ禍、国民の4分の3が不安(16:42)

8月製造業生産14%上昇、4カ月ぶりプラス(16:34)

目指せ炭素サービスのハブ、政府の戦略始動(16:25)

職場の人数制限緩和、企業は気乗り薄(16:03)

総人口569万人、17年ぶり減少 外国人が流出、経済への懸念も(09/25)

テイクオフ:新型コロナウイルスの流…(09/25)

電子請求書、法人決済システムと連動へ(09/25)

グーグルペイ、地場2行の決済アプリと連携(09/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン