• 印刷する

《安全》外出禁止措置、ラカイン州全域に

ミャンマー保健・スポーツ省は27日、新型コロナウイルスの感染防止を目的とした外出禁止措置の対象地域を、西部ラカイン州の全域に広げた。

26日に発表したもので、州内の市民に通勤や必要な買い物、病院への外出を除き、自宅にとどまることを義務付けた。通勤には当局が許可した車両やバスの利用を求め、外出時の1世帯当たりの人数も制限している。

保健・スポーツ省は20日にシットウェ郡区で外出禁止措置を開始した。26日午前6時からはチャウピュー、アン、タウングップ、タンドゥエの4郡区に対象を拡大。さらなる感染拡大を受け、27日午前8時から州内全域で外出禁止とした。

ミャンマー・タイムズ(電子版)によれば、ラカイン州では26日夜までの10日間で180人の市中感染が確認されている。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

新規感染404人、過去最多を更新=18日朝(09/18)

マンダレー、トラック運転手は入域前に交代(09/18)

タイが入国規制、ミャンマーの貨物トラック(09/18)

7月インフレ、1.7%に急低下 電力値上げの押し上げ効果消える(09/18)

新規感染259人、死者が57人に増加=17日朝(09/18)

スー・チー氏の健康状態は良好、報道官(09/18)

コロナ基金の追加融資、9月末から実行へ(09/18)

良品計画、ミャンマー産コーヒー豆を発売へ(09/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン