シェルのマセラ鉱区撤退、政府が許可

英オランダ系石油大手ロイヤル・ダッチ・シェルは、アラフラ海マセラ鉱区の地質データ開示についてインドネシア政府から許可を得た。同社は同鉱区からの撤退を表明しており、権益売却先へのデータ開示は、撤退に向けた本格的な動きとなる。ジャカルタ・ポストが25日伝えた。 シェ…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 天然資源


その他記事

すべての文頭を開く

ゴジェックの人気上昇、満足度ではグラブ(10:42)

PSBB再導入、家計支出に打撃=フィッチ(10:42)

北スラウェシ―成田に貨物便 ガルーダ、農水産品の輸出拡大で(09/25)

首都の行動制限、10月11日まで延長(09/25)

インドネシア死者1万超、東南アジア初(09/25)

トヨタ、全国規模のバーチャル展示会(09/25)

プルデンシャルとヨマ系病院、医療分野で提携(09/25)

ライオン航空、リース料滞納で訴訟に(09/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン