• 印刷する

NEC、ホテルの無人チェックイン端末発売

NECのアジア統括会社NECアジア・パシフィック(本社・シンガポール)は25日、東南アジアのホテル業界向けに、顔認証システムを活用した無人チェックインシステムの販売を開始したと発表した。宿泊客とホテルスタッフの物理的接触を減らし、ホテルの新型コロナウイルス感染症対策を支援したい考えだ。

システムの名称は「モビリティー・アンマンド・チェックイン・ソリューション(MUCIS)」。顔写真の撮影やパスポートの読み取り、カードキーの発行などを行えるキオスク端末と、顔認証ソフトウエアから成る。価格はキオスク2台とソフトウエアで約400万円からだ。

将来的には、チェックイン手続きを宿泊客のスマートフォンからもできるようにする。現在はアプリの開発を進めている。

無人チェックインだけでなく、ホテル滞在中の顧客体験向上に活用してもらうことも視野に入れている。具体的には、チェックイン時に収集した顔認証情報を活用し、VIP客の判別、朝食会場での宿泊客の部屋番号の把握、宿泊客の各種施設へのアクセス管理などに役立ててもらうことを想定している。

NECアジア・パシフィックの広報担当者、橋爪伸也氏によると、既に複数のホテル運営会社と導入について商談を進めており、引き合いがある。顧客の第1号はシンガポールのホテルになる見通しという。出張者や個人観光客をメイン顧客とするホテルを中心に、需要を取り込む考え。販売目標は非公表だ。

MUCISの開発は、新型コロナ流行前の2019年から進めていた。流行を機に開発を加速し、今回の発売に至った。

NECアジア・パシフィックは、新型コロナ関連では5月にも新製品を投入していた。顔認証を用いた体温スクリーニングシステムで、利用者が端末の前で立ち止まらなくても、人物の特定と検温ができるのが特長だ。

顔認証やパスポートの読み取り、カードキーの発行などができる無人チェックインシステム(NECアジア・パシフィック提供)

顔認証やパスポートの読み取り、カードキーの発行などができる無人チェックインシステム(NECアジア・パシフィック提供)


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 電機その他製造IT・通信観光

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:新型コロナの影響で勤務…(09/24)

オンライン消費が6割増加 東南ア、世代間格差の縮小も(09/24)

東南ア通貨、安定もドン高圧力=三菱UFJ(09/24)

従業員の半数、職場で勤務可能に=追加緩和(09/24)

企業幹部の海外出張、新制度を試験運用へ(09/24)

マスク着用義務、6歳未満は免除(09/24)

8月CPIは0.4%低下、5カ月連続マイナス(09/24)

キユーピー、販売会社を新設(09/24)

出稼ぎ労働者、経済再開で再び海外に(09/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン