• 印刷する

航空券払い戻しの苦情、上期で2千件超

マレーシア航空委員会(MAVCOM)は24日、今年上半期(1~6月)に受け付けた消費者の苦情のうち、航空券の払い戻しや日付変更に関するものが2,340件に上ったと明らかにした。新型コロナウイルス感染症の流行を受けた各国の入国制限で航空便のキャンセルが相次いだためだ。

2,340件の内訳は、航空券の払い戻しが2,146件、日付変更が194件だった。

一方、航空会社に関する苦情は381件で、前年同期から52.6%減少した。空港に関する苦情は3件だった。これら384件のうち、90.9%は解決済みという。

航空会社別では、マレーシア航空に関する苦情が最多だった。同社は、利用者100万人当たりの苦情件数が44件だった。次いで格安航空会社(LCC)のマリンドエア(同32件)、エアアジアの長距離部門エアアジアX(24件)の順だった。

航空会社に対する苦情の内容は、払い戻し処理、手荷物の取り扱い間違い、フライトのキャンセルの3つが上位を占め、合計で全体の51.4%だった。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 運輸観光マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

給与補助金制度の延長要請 経営者連盟、終了で解雇増加警鐘(09/18)

RM1=25.3円、$1=4.14RM(17日)(09/18)

ジェトロ、供給網強化の支援で第2回公募(09/18)

トップグローブ、6~8月は17倍の増益(09/18)

月給中央値、19年は5.8%増の2442リンギ(09/18)

持続可能な都市実証事業、マラッカで実施(09/18)

不動産IWH、12年以降で最大のIPO計画(09/18)

30年までに全面キャッシュレス化、銀行調査(09/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン