• 印刷する

テイクオフ:マレーシア航空委員会(…

マレーシア航空委員会(MAVCOM)が今年上半期(1~6月)に受けた、航空券の払い戻しや日付変更に関する苦情は2,340件だったそうだ。個人的にこの数字は少ないと感じた、と同時に「自分もMAVCOMに苦情を言えば良かった」と思った。

政府が、3月半ばに新型コロナウイルス対策で活動制限令を敷くと発表する少し前に、妻の一時帰国用にインドネシア行の航空券を購入した。当日に空港へ行くと、便のキャンセルを告げられた。航空会社に返金を求めたが、「旅行代理店を通してください」とのこと。旅行代理店からは電話で「返金は難しいが便の変更には応じる」と言われた。

しかし、その後何回か、旅行代理店にメールを送るもなしのつぶて。ウェブサイトは更新されているので、倒産したわけではなさそうだ。半年近くたつが、今からでも苦情を言えば、何とかなるだろうか。(谷)


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:都心を抜け曲がりくねっ…(09/24)

オンライン消費が6割増加 東南ア、世代間格差の縮小も(09/24)

野党党首が過半獲得を主張 混乱に「立証必要」と首相が声明(09/24)

東南ア通貨、安定もドン高圧力=三菱UFJ(09/24)

8月消費者物価は1.4%低下、下落幅が拡大(09/24)

RM1=25.3円、$1=4.15RM(23日)(09/24)

国民車プロトン、自社小売事業を大幅縮小か(09/24)

メルセデス、人気のSUV市場に新モデル(09/24)

国内初の廃棄物発電所、年末に稼働時期遅延(09/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン