• 印刷する

PSBB移行期間、首都圏の通勤客増加

インドネシアの首都ジャカルタ特別州政府が6月5日から、新型コロナウイルス対策「大規模な社会的制限(PSBB)」を段階的に緩和する移行期間に入って以来、ジャカルタ首都圏(ジャボデタベック)通勤電車網(KRL)の利用者数は順調に伸びている。テンポ(電子版)が24日伝えた。

KRLを運営するクレタ・コミューター・インドネシア(KCI)によると、朝7時の通勤客は今月10日の7万72人から、24日には7万5,693人に増えた。

首都郊外にあたる西ジャワ州では、ボゴール駅からの利用客が今月10日の5,113人から、24日は6,776人に増加。ボジョン・グデ駅からの利用も2週間前と比べて12%増、チレブット駅は10%増、チタヤム駅は30%増だった。

KCIのアン・プルバ副社長によると、感染防止のため電車を待つ乗客にはソーシャルディスタンス(社会的距離)の確保を求めており行列ができている駅もあるが、大方の場合は整然としているという。

PSBBの移行期に入って以来、首都圏の通勤電車の利用者が増えている(KCI提供)

PSBBの移行期に入って以来、首都圏の通勤電車の利用者が増えている(KCI提供)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

副大統領、土地銀行の早期設立の重要性強調(12/04)

閣僚訪日、政財界に新政府ファンド支援要請(12/04)

中銀、低金利維持で融資成長率9%目指す(12/04)

石油・ガス鉱区の権益放出も 国営石油、86カ所の投資誘致(12/04)

バイオ燃料義務化に課題、政策見直しの声も(12/04)

投資家保護強化のOJK令、月内公布へ(12/04)

アジア昇給率4.3%予測、コロナ影響=NNA(12/04)

21年の成長予測を4%に引き下げ=OECD(12/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン