• 印刷する

新聞・出版大手SPH、140人解雇へ

シンガポールの新聞・出版大手シンガポール・プレス・ホールディングス(SPH)は、新型コロナウイルス感染拡大に伴う経営環境の悪化に対応するため、約140人を削減する。全従業員の約5%に相当するリストラとなる。

削減対象は、メディア営業部門と雑誌部門。メディア・出版労組と協議した上で、解雇者への補償を行う。リストラ費用は800万Sドル(約6億2,000万円)程度に上る見通しという。

SPHによると、新聞などの契約、購読者はコロナ禍以降に増えている。ただ景気悪化で広告収入が減っているため、人員削減に踏み切る。昨年から進めている経営合理化の一環であることも強調している。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: メディア・娯楽雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

ECラザダと陸運大手、タクシー配車で提携(19:40)

シティの消費者事業、現地2行も買収検討(19:41)

DBS、深セン農村商業銀行の筆頭株主に(19:41)

ホテル大手ファーイースト、隣国同業と提携(22:10)

新規感染15人、市中は1人(21日)(21:42)

テイクオフ:英国の植民地時代からあ…(04/21)

タクシーSMRT、5年で全て電気自動車へ(04/21)

次世代産業育成に環境整備急務 グラブの米国上場で課題浮き彫り(04/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン