• 印刷する

ヤマハ発、オンライン販売サイト開設

ヤマハ発動機のインド事業を手掛けるヤマハ・モーター・インディア・グループは13日、二輪車のオンライン販売サイトを開設したと発表した。新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、製品の選択から購入までをオンラインでできるようにすることで、ショールームの訪問を避けたい消費者のニーズに対応する。

販売サイトは、製品を360度ビューで閲覧可能な「バーチャル・ストア」といった機能を備えるほか、製品の仕様比較もできる。二輪車関連のアパレルやアクセサリーの販売も予定している。現在の対応ディーラーは南部チェンナイなどの店舗のみで、2020年末までに全国の300店以上に拡大する。

購入者はサイトで製品やディーラーなどを指定して予約する。納車は販売店のほか、自宅へのデリバリーも可能。ディーラーは「WhatsApp(ワッツアップ)」などの通信アプリを使ったり、自宅を訪れたりして問い合わせに対応する。


関連国・地域: インド日本
関連業種: 自動車・二輪車IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

二輪ロイヤル、タイでCKD生産を開始(11/26)

【スタートアップ大国】代替肉や卵の原材料を開発 プロイオン、植物で食感など再現(11/26)

パナソニック、産業用IoT市場に進出(11/26)

オージス総研、インドのIT企業に出資(11/26)

アウディがEV販売を強化、現地生産も検討(11/26)

商用車アショク、北東部の販売網を強化へ(11/26)

エイサーとディクソン、パソコン生産で提携(11/26)

農機キサン、南部AP州に耕運機工場(11/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン