• 印刷する

EU経済制裁よりコロナ対策優先、政府高官

カンボジア政府の関係者らは12日、欧州連合(EU)がカンボジアに適用している関税優遇措置の一部を停止したことより、現時点では新型コロナウイルス関連の政策実施が重要との考えを示した。政府はEUによる経済制裁は想定内で、対応可能と強調している。プノンペン・ポスト(電子版)が13日に伝えた。

EUは12日、カンボジアに対して適用してきた、武器以外の全ての輸入品を無関税とする特恵制度「EBA協定」の一部を停止した。対象は衣料品や旅行用品などの一部で、影響額は推定でカンボジアの対EU輸出総額の約2割に相当する10億ユーロ(約1,260億円)とみられている。

EUはカンボジアの深刻な人権侵害状況などをEBA協定停止の理由に挙げているが、カンボジア政府の関係者らは「EUのために国家の主権と独立性を犠牲にできない」との見解を示している。政府の報道官は、「既に昨年からEUの経済制裁を視野に入れて準備を進めてきた。中国や日本、韓国との自由貿易協定(FTA)締結などを通じて輸出先の多様化を進め、EU向け輸出の減少を補う方策も具体化しつつある」と述べ、現時点では新型コロナ対策が喫緊の課題と強調した。

財務経済省の報道官によると、政府はEUの経済制裁と新型コロナの対策費として11億米ドル(約1,175億円)を計上している。


関連国・地域: カンボジア欧州
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ミャンマーはプラス成長維持 ADB、縫製打撃も農業で輸出補完(09/21)

越航空が東京行きの商業運航、4月以降で初(09/21)

億豊、カンボジアなどで生産能力拡大へ(09/18)

国境に隔離施設の設置計画、労働者入国で(09/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン