• 印刷する

通年の輸出見通し、プラスに上方修正=政府

シンガポール企業庁(エンタープライズ・シンガポール)は11日、今年通年の輸出額(NODX、石油と再輸出は除く)の見通しを前年比プラス3~同5%に上方修正した。これまではマイナス4~同1%としていた。足元の輸出が予想以上に好調であることに加えて、原油価格上昇などが押し上げ材料になるとみている。

企業庁によると、今年は電子製品、非貨幣用金などの輸出拡大、原油価格上昇などがプラス材料になる。世界経済の見通しは引き続き不透明だが、世界全体の貿易は当初予想された「最悪のシナリオ」に陥る可能性は低いという。

企業庁が11日に発表した2020年4~6月期のNODXは、前年同期比7%増の432億Sドル(約3兆3,400億円)だった。15%減と低水準だった前年同期の反動増が出たほか、電子製品の輸出増がけん引。5%増だった1~3月期から伸びが拡大した。

電子製品は11%増となり、1~3月期の2%減からプラスに転換した。ディスクメディアは42%増から47%増へと上げ幅が拡大。集積回路(IC)や通信機器も好調だった。

非電子製品は5%増。1~3月期の8%増を下回ったものの、プラス成長を確保した。石油化学が29%減となり、1~3月期に引き続き2桁マイナスとなったが、化学は1%減から2%増に改善した。

非貨幣用金は2.3倍。新型コロナウイルス感染症の流行で世界経済の先行きが不透明な中、安定資産とみなされる金の需要が拡大した。特殊化学は28%増加した。

輸出先別でみると、1位の中国は15%減少した一方、2位の米国は56%増加。8位の日本は1~3月期の29%増から76%増へと大幅に伸びた。

1~6月期のNODXは、前年同期比6%増の860億8,000万Sドル。国・地域別では1位の米国が4割増となった。4位の日本は51%増だった。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:新型コロナの影響で勤務…(09/24)

オンライン消費が6割増加 東南ア、世代間格差の縮小も(09/24)

東南ア通貨、安定もドン高圧力=三菱UFJ(09/24)

従業員の半数、職場で勤務可能に=追加緩和(09/24)

企業幹部の海外出張、新制度を試験運用へ(09/24)

マスク着用義務、6歳未満は免除(09/24)

8月CPIは0.4%低下、5カ月連続マイナス(09/24)

キユーピー、販売会社を新設(09/24)

電子行政サービス、顔認証で利用可能に(09/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン