ホーチミン市、港湾インフラ料の徴収を提案

ベトナム・ホーチミン市運輸局は同市の人民委員会に対し、港湾利用者からインフラ使用料を徴収することを提案している。物流環境の整備に充てるためだ。国営ベトナム通信(VNA)が9日に伝えた。 ホーチミン市の港湾施設で扱う貨物量は、年率5%増が続いている。運輸局による…

関連国・地域: ベトナム
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

キリン、機能性飲料を拡充へ 越の健康志向、日系の挑戦(上)(09/21)

【ASEAN戦略】1年で域内顧客数2倍目指す スタディスト、コロナ下の変革(09/21)

外食のサガミ、ベトナム3号店をオープン(09/21)

越航空が東京行きの商業運航、4月以降で初(09/21)

ホーチミン市新バスターミナル、来月開業(09/21)

EU企業、カイメップハ港でロジセンター(09/21)

米物流UPS、ベトナムに貨物便運航(09/21)

フィンランド投資社、ビンズオン鉱産に出資(09/21)

電源開発の遅れ、手続き重複に原因=EVN(09/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン