電動旅客船が相次ぎ就航へ 地場が開発、自製の蓄電池を搭載

タイの資源・電力大手が開発した、リチウムイオン電池を動力源とする電動ボートが年内に相次いで就航する。エナジー・アブソルート(EA)は7月末に公共交通の「水上バス」となる電動ボートの第1号を登録し、12月にも運航を始める。バンプーも今月上旬に1隻目の電動ボートの登…

関連国・地域: タイ
関連業種: 電機運輸観光マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

EUとのFTA交渉再開模索 大手賛成、農家・保健当局は反対(09/25)

長城汽車、電動車など生産へ735億円を投資(09/25)

3空港高速鉄道、来年3月の着工目指す(09/25)

コンケンの軽量軌道鉄道、韓国が開発を支援(09/25)

KTとタイ地場、データセンター事業で提携(09/25)

海運トレセン、エンジニアリングの合弁会社(09/25)

STCコンクリート、需要拡大で2桁増収へ(09/25)

住宅ローン却下率50%に上昇=不動産協会(09/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン