• 印刷する

《安全》感染者数841人に増加、ハノイで大規模検査

ベトナムの新型コロナウイルス感染症防止国家指導委員会は9日、国内での新型コロナウイルスの感染者数が841人(回復395人)になったと発表した。7日から9日にかけて、94人増え、死者は前日から1人増えて11人になった。

新規の感染者94人のうち、大半は中部のダナン市とクアンナム省が占めるものの、ハノイとホーチミン市の感染者もそれぞれ含まれていた。省市別の治療中の感染者数は、ダナン市が252人(死者9人)、ハノイが28人、クアンナム省が75人(死者2人)、ホーチミン市が9人などとなっている。

■ダナンC病院の閉鎖が解除

ベトナム・ニュース(VNS)は8日、14日間にわたって実施されていたダナンC病院のロックダウンが解除されたと伝えた。ダナンC病院は7月25日にダナン市の市中感染者が見つかった医療機関で、来院者1,000人以上、665人の医療関係者が隔離されていた。

隔離した全員が2度陰性になったことで、ロックダウンが解除された。新規の患者を受け入れる体制はできているものの、当面は救急患者や重体の患者のみ受け入れる。ダナン市では、市の「総合病院」と「リハビリテーション・整形外科病院」が閉鎖されており、病院周辺の建物も閉鎖の対象となっている。このうち総合病院については、消毒が完了し次第、業務を再開できる見通しという。

■首相「向こう2週間は感染者増える」

国内で市中感染が増加を続けている現状を踏まえてグエン・スアン・フック首相は7日、「向こう2週間は感染者が増え続ける」と警鐘を鳴らした。各省市の人民委員会や医療施設には、感染を最小限に抑えるため、素早く対処することを求めた。また、感染が拡大している地域では、社会隔離政策を厳格に実施することを要請している。

南部ビンズオン省では7日、バーやカラオケ、ディスコの営業を一時停止する措置を発表した。これらの業種に加え、大規模なイベントなども停止が要請される。

保健省によると、新型コロナウイルスの情報を伝えるスマートフォン用アプリ「ブルーゾーン(Bluezone)」のダウンロードは急増しており、6日時点で850万件に達した。ブルーゾーンは8月3日時点で、ダウンロード回数が200万になったと報告されていた。

■ハノイで5万人対象にPCR検査

ハノイでは7日から、住民5万人を対象にリアルタイムPCR検査を実施している。同日から最長で12日間をかけ、5カ所の病院で1日5,000人を検査する。

ダナン市への旅行歴がある住民への検査に加え、市内での接触者を追跡して隔離をさせる。ハノイで実施される検査は血液を分析するタイプのもので、陽性の場合は10分ほどで結果が出る。

ハノイではダナン市からの帰還者8万8,000人を特定し、7万人に対して検査を実施した。ただ、検査キットが3日に払底したため、1万8,000人が検査を受けていない。


関連国・地域: ベトナム
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:新型コロナウイルスの流…(09/25)

【コロナを超えて】鴻池運輸、倉庫で製造業支援 ASEANの物流網でリスク回避(09/25)

ホーチミン市税関、滞留資源ごみ処理を指示(09/25)

韓国オーディオ製造、越法人の財務改善へ(09/25)

韓国CSベアリング、越生産を増強(09/25)

サイゴンテル、ダナンにレンタル工場建設へ(09/25)

仁川ーハノイ路線、ビジネス向け試験運航へ(09/25)

共用オフィスのトゥーン、カンボジア進出へ(09/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン