エネ鉱省、米社の深海開発撤退で伊社に接近

インドネシアのエネルギー・鉱物資源省石油ガス局のエゴ局長代行は5日、米系シェブロン・パシフィック・インドネシア(CPI)が、東カリマンタン州マカッサル海峡で深海ガス田を開発する「インドネシア深海開発(IDD)プロジェクト」の第2期事業から撤退することを受けて…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 天然資源


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:不要不急の外出は避けた…(09/23)

パーム油輸出、7月は回復 世界需要弱く、業界は内需に期待(09/23)

トヨタ、旗艦スポーツカーの新モデル発表(09/23)

シャープの空気清浄機、コロナで需要5倍(09/23)

パティンバン港運営、地場資本が過半=運輸相(09/23)

バンテン州の行動制限、10月20日まで延長(09/23)

首都の制限再強化1週目、交通密度19%減(09/23)

【グラフでみるASEAN】輸出額(7月) 3カ国でマイナス成長(09/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン