• 印刷する

《日系進出》シウマイの崎陽軒、台北に海外1号店

崎陽軒(横浜市西区)は7日、台北駅構内のショッピングセンター(SC)「微風台北車站」の1階で、海外1号店をオープンした。日本では冷めてもおいしいシウマイを売りにしているが、台湾では現地の好みに合わせ、温かい商品を提供する。

台湾にも駅弁文化があることや、親日の人が多いことから、台湾に店舗を構えることを決めた。

販売するのは、主力製品の「昔ながらのシウマイ20個入」(360台湾元=約1,300円)や「台湾版シウマイ弁当」(175元)、「おにぎりシウマイ弁当」(195元)、「焼きおにぎり3個セット」(65元)、「シウマイ4個セット」(72元)など。

昨年は、台北市信義区にある同じ「微風(ブリーズ)」ブランドのSC「微風南山」で、催事販売を実施した。

台湾崎陽軒の粟飯原昌夫総経理はNNAに対し、「前回行った催事販売では、冷めた弁当に対する台湾人の反応があまり良くなかった。その失敗を踏まえ、温かい商品を提供することにした」とコメントした。

まずは黒字化を目指し、その後新たな目標を定める。今回の出店を通じ、「横浜観光の活性化にもつなげたい」と意気込みを示した。

台湾崎陽軒の粟飯原昌夫総経理は、温かい弁当の提供に自信を示した=7日、台北(NNA撮影)

台湾崎陽軒の粟飯原昌夫総経理は、温かい弁当の提供に自信を示した=7日、台北(NNA撮影)


関連国・地域: 台湾日本
関連業種: 食品・飲料運輸小売り・卸売りサービス観光

その他記事

すべての文頭を開く

中華電信、車庫娯楽と映画配信で提携(09/25)

新型コロナ感染者、510人に(09/25)

秋2連休に東部旅行が活況 高いホテル予約率、北部は不振(09/25)

帆宣、手持ち受注が過去最高の255億元(09/25)

聯陽が年末まで受注いっぱい、コロナ特需で(09/25)

LEDの聯嘉光電、10年先まで受注好調へ(09/25)

台湾東洋、国際展開加速に5カ年計画(09/25)

亜泥が台南の工場資産を取得、5.2億元で(09/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン