• 印刷する

政策金利4.0%に据え置き、3会合ぶり

インド準備銀行(中央銀行)は、6日に開いた金融政策決定会合で、政策金利(レポ金利)を4.0%に据え置くと決定した。新型コロナウイルスによる経済への影響を緩和し、インフレを目標範囲内に収めるため、前回の会合で引き下げた金利を維持した。

リバース・レポ金利は3.35%に据え置き、政策スタンスは「緩和的」を維持した。準備銀は、消費者物価指数(CPI)を2~6%の範囲内に収めることを中期的な目標に定める。新型コロナの感染拡大で食品の価格が上昇し、6月の消費者物価指数(CPI)は6.09%に達していた。

今後のインフレ率の見通しは、7~9月は上昇が続き、10月以降に緩和する可能性があるとした。準備銀は「豊作を見込むラビ作(冬季もしくは乾期作)で穀物の価格上昇が緩和され、食品のインフレ見通しが好転する可能性がある」と説明した。2020/21年度(20年4月~21年3月)の国内総生産(GDP)成長率は、マイナスになると予想した。


関連国・地域: インド
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

今後1年はルピー安基調 収支悪化影響、MUFGセミナー(09/25)

米ハーレー、インドでの生産終了(09/25)

三井物産と日本曹達、農薬企業に出資(09/25)

楽天、印IT大手とネットワーク展開で提携(09/25)

アップルのオンラインストア、23日に開設(09/25)

ホンダ、自動車の仮想ショールーム開設(09/25)

MGモーター、SUV「グロスター」を発表(09/25)

メルセデス、6~8月のネット販売は500台(09/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン