クリーンエネ公庫、融資額2年連続で減少

オーストラリア連邦政府のクリーンエネルギー金融公庫(CEFC)による、2019/20年度(19年7月~20年6月)の太陽光発電や風力発電、エネルギー効率化プロジェクトなどへの融資額が10億豪ドル(約760億円)だったことが分かった。17/18年度は23億豪ドル、18/19年度は15億豪ド…

関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:オーストラリアで和食を…(09/24)

高速通信網に2年で45億$ NBN、800万世帯向けに改善へ(09/24)

RBA、10月6日に政策金利引き下げか(09/24)

情報開示規制の緩和延長へ、投資家は反対(09/24)

銀行の国債発行手数料、短期間で5000万$も(09/24)

豪連邦政府財政、景気後退で5530億$の打撃(09/24)

VIC首相、28日深夜にロックダウン緩和か(09/24)

出稼ぎ労働者、経済再開で再び海外に(09/24)

豪投資インセンティブ、融資1400億$増加か(09/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン