• 印刷する

バタン工業団地の10年無償化も検討、産業相

ジョコ・ウィドド大統領(右から3人目)らは6月末、バタン工業団地を視察していた(アンタラ通信)

ジョコ・ウィドド大統領(右から3人目)らは6月末、バタン工業団地を視察していた(アンタラ通信)

インドネシアのアグス産業相は4日、中ジャワ州に開発中のバタン工業団地に入居する企業に対して、10年間無償で用地を提供する可能性があると明らかにした。インドネシア進出に関する課題の一つに挙げられる用地取得費用の負担を軽減することで、中国などから拠点を移す海外企業の誘致につなげる狙い。国営アンタラ通信などが同日伝えた。

アグス産業相はオンラインセミナーで、「(バタン工業団地に入居する企業に)政府が優遇策を実施する。恐らくは10年間無償で用地を提供することになる」と述べた。

投資調整庁(BKPM)のバフリル長官によると、バタン工業団地は国営農園プルクブナン・ヌサンタラ(PTPN)の所有地を利用するなど国営企業が運営に携わっているため、政府支援を通じて用地の利用料を一時的に無償化することは可能だという。

バフリル長官は、インドネシアは行政手続き、土地利用、賃金の3点においてベトナムより劣勢だと指摘。インドネシアでは工業団地の地価が1平方メートル当たり400万ルピア(約3万円)になることもあり、ベトナムより大幅に高いことから賃料無償化が有効だと述べた。

バタン工業団地の基礎インフラは年内に完成する予定。インドの大手製薬会社なども海外からの拠点の移転を検討しているという。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

コロナ流行などで格付下落も=ムーディーズ(09/18)

建設会社の半数が倒産、工事案件停滞で(09/18)

低所得家庭に太陽発電設備を 電力補助金の振り替えで普及促進(09/18)

配車ゴジェック、資金調達へブランド統一(09/18)

政策金利は据え置き、ルピア安への配慮で(09/18)

8月の新車販売確定値、59%減の3.7万台(09/18)

8月の自動車生産台数、72%減の3.4万台(09/18)

携帯端末の識別システム、15日から稼働(09/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン