• 印刷する

UP州、玩具製造拠点に400億円の投資期待

インド北部のウッタルプラデシュ(UP)州政府は、州内のグレーターノイダに玩具の製造拠点を開発し、総額300億ルピー(約423億円)規模の投資を誘致する考えだ。エコノミック・タイムズ(電子版)が3日伝えた。

面積100エーカー(約40万平方メートル)の土地に、玩具製造向けの工業団地を整備する。企業には工場の規模に応じて1,000~1万平方メートルを割り当てる。土地の販売価格は1平方メートル当たり6,700ルピーからで、面積が広くなるほど価格を低くする。

入居を希望する企業の申し込みを8月10日から25日まで受け付け、9月第1週にも割り当てる方針。同拠点が本格稼働すれば、2万5,000人分の雇用を創出できる見通しだ。

インド玩具協会によると、玩具メーカー約70社が投資の意向を示している。米ハズブロもインドへの生産移転に向けて交渉している。

インドの玩具市場は約4分の3を中国製品が占める。2019年12月に玩具の輸入関税が引き上げられて以降、国内玩具メーカーは2,000億ルピー規模の同市場でシェア拡大を狙っているという。


関連国・地域: インド
関連業種: その他製造建設・不動産

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:今年も祭りの季節がやっ…(09/30)

テークアウトと配達に追い風 コロナで変化、店内飲食は苦戦(09/30)

米ハーレー、インドで販売パートナー模索(09/30)

マルチ・スズキ、新たに新興5社と提携(09/30)

ルノーの小型SUV投入、来年初頭に延期(09/30)

祭事期自動車販売は前年並み、ICRA調査(09/30)

〔政治スポットライト〕日米豪印外相会合、10月6日開催決定(09/30)

タイヤ輸入額、4~6月は前年比44%減(09/30)

日本工営、バングラの商業港開発を受注(09/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン