• 印刷する

企業の香港拠点を台湾に移転へ、政府が誘致

台湾政府は、企業の香港拠点を台湾に移転するよう誘致を図る方針だ。香港国家安全維持法(国安法)の施行に伴い、香港からの資金や人材の流出が予想される中、台湾への呼び込みを強める。3日付工商時報が伝えた。

台商(海外拠点の台湾企業・経営者)と多国籍企業を対象とする。政府の各部門は、既に製造や金融サービスなど業種別に現状を調査。米国の半導体大手エヌビディアの運営本部や、台湾の大手半導体商社である大聯大投資控股(WPG)の物流・出荷センターなどの台湾移設を目指す。

経済部(経済産業省)は先ごろ、香港に拠点を持つ企業の台湾事務所を訪問し、台湾への拠点移設を要望。総統府直轄機関の国家安全会議(国安会)は、香港で企業が直面する資金や物流、人材、投資、貿易などへの影響について評価を進め、対策を協議する。

国安法を巡っては、米国が香港に認めてきた貿易や渡航に関する優遇措置を停止するなどの影響が生じている。香港に拠点を置く企業にも影響が及ぶ可能性があり、企業の香港からの撤退や資金・人材の流出が進むとの指摘もある。


関連国・地域: 香港台湾
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

台湾銀行業の香港預金、1年で1千億元超減(19:46)

新型コロナ感染者、2日連続ゼロ(18:40)

テイクオフ:新たな趣味が1つ増えた…(09/23)

パナ家電、8年連続の増収へ 独自の販路戦略、ネット強化せず(09/23)

地場航空2社、週9便の国際便を定期運航へ(09/23)

タイ路線も承認、国際定期便が続々再開(09/23)

8月のスマホ販売46万台、前月比17%減(09/23)

中国スマホ市場に再編機運、華為巡り=集邦(09/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン