徴用工の資産現金化は困難 厳しい交渉今後も、識者に聞く

韓国大法院(最高裁)が新日鉄住金(現日本製鉄)に賠償を命じた元徴用工訴訟で、韓国の裁判所は4日午前0時をもって、原告側が差し押さえた同社資産の売却を命じることが可能となった。もし原告側が現金化した場合、戦後を形作ってきた日韓関係の根本が揺らぎかねない。韓国の日…

関連国・地域: 韓国
関連業種: 政治


その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナ感染、4日ぶり100人超え(17:45)

国内初の廃棄物発電所、年末に稼働時期遅延(22:04)

テイクオフ:「業務過多で、同僚がい…(09/23)

現代自、11年ぶり賃金凍結 「労働貴族」もコロナ禍を考慮(09/23)

地場航空2社、週9便の国際便を定期運航へ(09/23)

タイ路線も承認、国際定期便が続々再開(09/23)

8月のスマホ販売46万台、前月比17%減(09/23)

新型コロナ感染、3日連続で100人以下(09/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン