• 印刷する

テイクオフ:コロナ禍でこれまでの習…

コロナ禍でこれまでの習慣の多くが変わった。結婚披露宴もその一つだ。インドネシアの結婚式は一般的に、大家族や大勢の友人が集まる。だが、コロナ禍の社会制限下で大勢が集まるイベントや集会は禁止されてしまった。

このため、結婚を予定していたのに延期を余儀なくされた友人も少なくない。結婚式だけ少人数で執り行い、披露宴はしない人もいた。一方で、バーチャル結婚式を試みた友人もいる。従来の結婚式なら、招待状に式場や自宅の住所が書かれている。今回は結婚式用のビデオ会議にアクセスするためのリンクとパスワードをもらった。

バーチャルでも新郎新婦との記念写真はもちろん忘れない。「ハイチーズ」。コンピューター画面のスクリーンショットを保存した。画面に向かってほほ笑む笑顔はぎこちないが、一生に一度の忘れられない思い出となるだろう。(ア)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:コロナ禍で変わった生活…(09/24)

オンライン消費が6割増加 東南ア、世代間格差の縮小も(09/24)

新型コロナ対策、執行率37% 政府支援に遅れ、実業界が不安視(09/24)

東南ア通貨、安定もドン高圧力=三菱UFJ(09/24)

新規感染者4465人、2日ぶりに最多更新(09/24)

コロナ感染の高リスク地域、58県・市に拡大(09/24)

ブカシ県で感染企業が倍増、エプソン工場も(09/24)

医療システム早晩崩壊か、病院が最大感染源(09/24)

対コロナ意識改革チーム、政府が立ち上げ(09/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン