雇用法改正の動き、労働環境の変化に対応

マレーシア政府は、1995年雇用法の改正を検討している。出産・育児休暇の拡充やセクハラの抑止力強化などに加え、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う「新たな働き方」を視野に入れた内容を盛り込む考えだ。国営ベルナマ通信が伝えた。 アワン・ハシム人的資源副大臣は7月29日、…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

回復活動制限令で抱える問題、企業と対話(15:56)

テイクオフ:国内観光を盛り上げるべ…(08/03)

隣国との往来再開の詳細公表 数日待機措置、感染対策徹底へ(08/03)

外国人労働者を3分野に限定 製造業含まれず、連盟は再考要請(08/03)

日系の5割超が通常稼働、5月比で大幅改善(08/03)

RM1=24.8円、$1=4.24RM(7月30日)(08/03)

与党連合PN、正式発足ならUMNO不参加(08/03)

東南アジアのIPO、今年後半に増加見通し(08/03)

サバ州首相が議会解散表明、60日以内に選挙(08/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン