• 印刷する

テイクオフ:自転車ブーム再燃のイン…

自転車ブーム再燃のインドネシア。ジャカルタでは日曜日の朝6時から3時間が、サイクリングに絶好の時間のようだ。26日には主要道路30本で、車道の一部が自転車専用になった。

朝の風に吹かれながら汗を流す。コロナ禍で鬱積(うっせき)した気分を晴らすには、うってつけだろう。愛好者が大勢集まっても、その場に立ち止まって談笑せずに自転車を走らせていれば、当局にとがめられることもない。ただし、自転車をこいでいる最中でも、マスクはちゃんと着けていなければならない。

この週末に開かれた、自転車のイベントには100人以上が参加した。そろいのウエアを着て、国民協議会の副議長など政治家の姿もちらほら。メディアの注目も集まった。「副議長さん、マスクをちゃんと着用しないとだめですよ」。マスクをずらしたその姿はしっかり写真に撮られていた。(麻)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:コロナ禍で変わった生活…(09/24)

オンライン消費が6割増加 東南ア、世代間格差の縮小も(09/24)

新型コロナ対策、執行率37% 政府支援に遅れ、実業界が不安視(09/24)

東南ア通貨、安定もドン高圧力=三菱UFJ(09/24)

新規感染者4465人、2日ぶりに最多更新(09/24)

コロナ感染の高リスク地域、58県・市に拡大(09/24)

ブカシ県で感染企業が倍増、エプソン工場も(09/24)

医療システム早晩崩壊か、病院が最大感染源(09/24)

対コロナ意識改革チーム、政府が立ち上げ(09/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン