• 印刷する

テイクオフ:ジャッキー・チェン主演…

ジャッキー・チェン主演の印中合作映画「カンフー・ヨガ」などへの出演で知られるボリウッド・スター、ソーヌー・スードの慈善活動が注目を集めている。

彼は新型コロナ対策の全土封鎖が始まった当初、数千人の出稼ぎ労働者の帰省費用を肩代わりした。海外で学ぶインド人学生が帰国できず困っていると聞けば、航空券を手配。つい先日は、ある農民が畑を耕す牛を手配するお金がなく、泣く泣く娘を力仕事に駆り出していると聞き、トラクターをプレゼントしたそうだ。

一部では、彼の人気の高まりを危険視する向きも。西部マハラシュトラ州で権力を持つヒンズー至上主義政党シブ・セナは、「スードは野党の代理人で州政府を揺るがそうとしている」と非難。彼の台頭で政府が国民を助けられなかったことを風刺するマンガが描かれたそうで、ヒーローは政権サイドにとって「不都合な存在」となっている。(虎)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

日用品需要、農村部で回復 コロナ影響少ない地域ほど上向き(08/07)

マルチスズキ、昨年度に整備拠点250カ所追加(08/07)

日本電気硝子、医薬用管ガラスの生産増強(08/07)

車の購買意欲はコロナ前と同水準=グーグル(08/07)

配車ウーバー、エンジニア140人の雇用計画(08/07)

香港企業、南部の物流用地33億ルピーで取得(08/07)

政策金利4.0%に据え置き、3会合ぶり(08/07)

自動車5社コロナで赤字、トヨタ・スズキは黒字(08/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン