【ASEAN・インド労働リポート】第22回 2020年4~6月期

■シンガポール ◇9割超の企業が在宅勤務 政府が実施した新型コロナウイルスの感染対策措置を受け、4~5月は9割以上の企業が在宅勤務を行った。 どの企業も人員計画・採用計画について慎重な姿勢を示している状況ではあるものの、在宅勤務やフレックスワークの導入が進む中…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

オンライン消費が6割増加 東南ア、世代間格差の縮小も(20:11)

従業員の半数、職場で勤務可能に=追加緩和(21:30)

8月CPIは0.4%低下、5カ月連続マイナス(20:03)

キユーピー、販売会社を新設(21:08)

電子行政サービス、顔認証で利用可能に(20:03)

IBM、AI・サイバー防衛で800人育成(20:03)

道路投資キューブ、インドの高速道会社買収(20:03)

新規感染12人、計5万7639人(23日)(20:03)

テイクオフ:久しぶりにオフィスに出…(09/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン