GIC運用利回り2.7%に縮小=年次報告書

シンガポールの政府系投資公社GICの2020年3月末時点の運用利回り(運用期間20年間)は、物価変動の影響を除く実質ベースで年2.7%となり前年同月末の3.4%から低下した。2.6%だった09年以降で最も低い水準となった。名目ベースの投資利益率(米ドル建て)は年平均4.6%だった…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

中国のTPP加入申請、東南ア経済に寄与も(09/17)

シンガポール航空、増資88億ドルの残額ゼロ(09/17)

メルセデス、30年までに全車両をEVに(09/17)

国内感染906人、59人目の死者も(16日)(09/17)

現地企業がNFT事業を始動 日本の芸術家と連携、欧米で販売(09/17)

天ぷらまきの、22日に海外1号店(09/17)

フリマのカルーセル、ユニコーン企業に(09/17)

細胞培養肉の受託製造、世界で初めて認可(09/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン