中国とのFTA、来月12日までの締結を視野

カンボジア政府は来月にも、中国と自由貿易協定(FTA)を正式に締結する方針だ。欧州連合(EU)との関税優遇措置が一部撤廃される来月12日までの調印を目指す。クメール・タイムズ(電子版)が27日に伝えた。 カンボジアのホー・ナムホン副首相は、近くフン・セン首相がFT…

関連国・地域: 中国カンボジア
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

FADO、新興国輸入を支援 越境ECの実態と規制強化(下)(10/29)

中銀発行のデジタル通貨、日米欧に先駆け(10/29)

小口金融の不良債権比率、8月末は2.3%(10/29)

外貨建て預金比率、10年前と大きな変化なし(10/29)

首相、関連4省に洪水被害の調査を指示(10/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン